スポンジお福 2018.12

食用ほおずきの砂糖まぶしが少しあり
りんごの砂糖煮カルヴァドス酒風味が少しあり
サルタナとカレンツのパスティス酒漬けが少しあり
庭のレッドカランツはいつもあり
友だちのとこの持ちよりお茶会があしたある
というとき、だれでも思いつくこと

余りを具材にしたので
<余り物には福がある>を借りて 名前をお福と

食べながら友だちが
いっぱい入れたらお多福だね
豆も入れてみようか
お正月のあとやってみれば のお茶会

この庭のめぐる季節 2018.12


畑の畑じまいの午後

刈り払い機で枯れ草を刈り
熊手で寄せあつめて直径1m以内に積みあげ
積めないのは周囲にドーナツ状に置きます

真ん中の山に新聞紙とマッチで火をつけて燃やし
火が地面を走らないように熊手でかきよせながら
少しずつ周囲のドーナツから草を足して燃やし続け
最後は直径50cmの黒い燃え跡になれば上出来

あぁ……今年も畑は終わりました
来年はもっとちゃんとがんばるからね
そう毎年畑に言ってるのを毎年思い出しながら

 

スポンジお福 2018.12

スポンジお福に粉砂糖をかけたところ
枯れ野に似合う菓子ですね

写真がやたら黄色っぽいな、と思ったのは外が黄昏どきだったから

たそがれはざっくり言うと夕方ですが
黄昏の黄は黄泉の国(地下世界)の黄、昏は昏睡状態の昏
昼が夕方に入ってから夕暮れの前までのころ

空気も景色も本当に黄色くくらくなり
時として耳に入る音も止まり
どこかで世界のふたが開くような
言葉にかえるとまがまがしさに似た独特のにおいを感じる人は
山では少なくないそうです おもしろいでしょ

ただ学問的にいうと たそ・かれ は
だれかしら・かの人は が起こりで
昼ならわかるのに ぼんやりしか見えなくなったわ の頃
=夕方 だそう

 

八ヶ岳この庭のめぐる季節 2018.12

ばらのつぼみにおりた霜

八ヶ岳この庭のめぐる季節 2018.12

窓の霜と朝日 室内の湿気で窓サッシが凍って開かない朝

カモミールのスポンジ 2018.11

width="400"/
5月冷凍テスト12月解凍

八ヶ岳の空きげん 2018.11

 #ひなぎくきつね 朝じゃ朝じゃうすらの森

吹寄せスポンジの材料 2018.11

吹寄せスポンジの材料 #ひなぎくきつね少しずつ余っているものを集めて具材にしたスポンジ

食用ほおずき砂糖まぶし 
りんご煮 サンフジ(りんごブランデ―) 
レーズンとカレンツ(パスティス酒) 
レッドカランツ 
マスカットレーズン(ラム酒)
カモミールの花 冷凍

できあがりは 吹寄せスポンジ ⇒ スポンジお福 
の名前になりました