定番のキッシュ3品

cafe_4_2 「キッシュ」の名は、現在では「料理タルト」の別名に広く使われます。ただ狭い意味では、フランスのアルザス・ロレーヌ地方のキッシュ・ロレーヌに準じて、料理具材に、チーズ・卵・生クリームのミックスをかけて焼くタルトをさします。このタイプはあちこちにあります。
ひなぎくきつねはベジタリアンカフェ。そこでこの春から、以下の三種類のタイプ(野菜のタルト)をそろえてご用意する試みを始めます。

1 卵を含まないキッシュ…..青菜
(写真の手前 青菜) イタリアの青菜のキッシュ:エルバツィオーネの方法です。ゆでた青菜をきざんで、2種類のチーズ(若いフレッシュチーズと熟成したパルメザン)とまぜ、小麦全粒粉をバターで練ったタルト生地に詰めて焼きます。ひなぎくでは豆とひまわり種子入り。青菜はビエトラ(イタリア不断草)、あしたば、ふきのとうと菜花など。

2 乳製品を含まないキッシュ1……ペルー原産野菜、青菜、きのこなど
(写真の奥 ペルー野菜)小麦全粒粉を豆乳マーガリンで練ったタルト生地に、火を通して調味した具材を詰め、卵を主体としたミックスをかけて焼きます。具材の種類が広く、味つけもボリウムも自在なタイプ。

3 卵・乳製品を含まないキッシュ…… 青菜、れんこんなど
(写真の中 れんこん) 小麦全粒粉を豆乳マーガリンで練ったタルト生地に、オリーブオイルで炒めた野菜や豆や丸小麦を詰め、とうふ入りミックスをかけて焼きます。風味は花山椒とケーパー、たまに桜花塩漬けなど。

めぐる季節 →