「じゃあ、地面が八ヶ岳でないのはどうするの?」というわけで、<みてみてきいて>ができました。
「こんなの見たの。こんなこと聞いたの。ね、一緒におもしろがりましょうよ」というノリのページです。ある人にはパッとしないイモ姉さんでも、別の人の目には、味のある美人に見える……そんなコーナー。

ひなぎくのささやきつねの鼻ちょうちん2017/01/01

わたしのるるちゃん

東のうすらの森から上がる初日出の写真をとっている途中、つまり元旦の朝7時前、カメラが動かなくなりました。レンズは出たまま戻らない、画面は暗黒、撮影設定も反映されない……、修理なら3週間はカメラ無しだと思いながら、9時を待ってサービスセンターに連絡するために、症状を箇条書きに準備しました。

そのあと、「どうしちゃったの?」とききながら手でトントンとカメラの五面をたたき、ついでにバッテリーのふたをあけてフッと吹いたら、キュイーン。良い返事がきこえ、いつものるるちゃんに戻りました。はい、カメラの名前です。

2017年の初仕事=「カメラのトラブルを自力で修復した」ことにより、いま始まったこの年に励まされたような祝福されたような気持ちになりました。自分でできることが多いほど自由度と幸せ感は上がると再び気づいた、感謝から始まる一年の初日です。

紅白なます二種 2016.12.31

%e3%81%aa%e3%81%be%e3%81%992ピーラーで細長く引いた大根とにんじん、昆布を調合酢とまぜて一晩おきます。
翌日、これを二種類の味付けにするので、好みで1:1か1:2に分けます。
一方はシンプルに、ゆずの皮の千切りを加え、ゆずの果汁を加えます。もう一方には、白のすりごまといりごまをどっさり加えてよくまぜ、香りがほしければ中華の花山椒か赤唐辛子を。どちらもいちどビニール袋に入れてから密閉容器に入れます。

ベランダの朝 2016.12.31

%e3%83%99%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e8%a7%92
しずかに、あたたかく、あかるく明ける、2016年最終日の朝。
ベランダの板はこまかい霜でちかちか光っているのですが、見えるでしょうか。

ひなぎくのささやきつねの鼻ちょうちん2016/12/30

プリミティブな祝い膳

こんなうれしいことがあるのか、という大晦日イブ。3人の方がお餅をくださり、3人の方が里芋をくださいました。お餅は自分でついた白餅、特注の玄米100%餅、かびないパック餅。里芋は八ヶ岳産、新潟の三条産、燕産の銘品きぬおとめ。ゆたかを絵に描いたよう。

日本の田畑を代表する作物は、田は稲、畑は里芋です。
神様は春、人々の豊作祈願にこたえて里に下りてくださり、刈入れの終わった秋、稲と里芋を背負って山へお帰りになります。これが神棚に稲と芋をお供えする意味。お供えした芋に宿ったご利益を皆でありがたく分けるのが芋煮会というわけです。

餅と里芋と、加えて山梨の方にいただいた穂積のゆず。用意した今年のお酒は、八ヶ岳で焼く平パンの酵母(白神こだま酵母)とおなじ白神の純米酒。これで充分に日本の原始をクリアする祝い膳となりました。
年賀のお酒には伊達巻と紅白なますがつきものなので(遺伝的な個人的好み)、これは自分で準備。口福とは続くもので、夕方、煮た黒豆のお福々分けと、諏訪の祝いもの:煮鯉(鯉の甘露煮)一切れが到来。鯉は味濃いので一切れでお酒3日は楽しめます。

ピーラー紅白なます準備 2016.12.30

%e3%81%aa%e3%81%be%e3%81%991
紅白なます(大根とにんじんの細切り酢の物)は、おせち料理のなかの数少ない火を通さない料理です。なますも作りたいし、ちょうど見たいテレビもある、という羽目になった30日。今年はピーラー(皮むき)でどうかしらというわけで、縦四つ割りの大根とにんじんをピーラーで引きながらテレビを楽しみ、昆布(はさみで細切り)とまぜ、調合酢とまぜました。ここまでが下準備。

プリミティブな祝い膳 2016.12.30

%e9%a4%85%e3%82%86%e3%81%9a
日本の田畑を代表する作物は、田は稲、畑は里芋です。
高いところにおられる神様に、春には豊作を願って里に下りてきていただき、秋にはお礼の稲と里芋を背負って山へお帰りいただく、それが神棚に稲と芋をお供えする行為の理由でありました。
写真は、玄米100%餅、里芋、酒。この三つがそろえば、農業地八ヶ岳の祝い膳は基本充分ではないかと思ったところです。

年越しのドア 2016.12.30

%e3%81%a8%e3%81%b3%e3%82%89三年くらい前まで、めぐる庭の道路側に赤松の木があって、お正月にはその枝をかざりにしていました。
今年は、12月はじめ、庭の真ん中の裏白樅(うらじろもみ)の枝払いをしたので、いまも風が吹くと、木の上からぱさぱさと小枝が降ってきます。それを集めてドアノブにかけ、金銀の水引(祝い箸袋の)をかけたのがこれ。まわりの壁にある模様は、裏白樅を背後からおっとり照らす12月30日の夕日です。

ゆで餅とうぐいすきな粉 2016.12.29

%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%93%e5%a4%a729日朝、新潟のいとこから、家でついた白いのし餅と自慢のさといもが届きました。
さっそく、のし餅4切れを、2切れはオーブントースターで焼いて、1つは澄まし汁で、1つは醤油と海苔巻きで食べました。厚さは市販のお餅の1倍半くらい。切り口はぽってり透明感があり、のばすとお米のつぶ粒がおもたくのびて、これがお餅のおいしさのひとつなのだろうと感じられます。
そこで残り2切れはお湯でゆで、薄緑色のうぐいすきな粉(青大豆の粉)+てんさい糖をまぶし、ナイフ・フォークで食べてみました。